2009年08月22日

無事帰還!

お疲れ様です。
大阪へ帰ってきましたわーい(嬉しい顔)
名古屋は連日空席以外は満席で・・・独特な楽しい興行でしたいい気分(温泉)

初日、恐ろしいことに朝5時、名古屋で震度4の地震があり、耐震強度3と言われている大須演芸場は危うく倒壊するところでしたあせあせ(飛び散る汗)
ちなみに楽屋で寝ていた私は東海地震かと思って飛び起きましたもうやだ〜(悲しい顔)

この地震で演芸場がさらに傾き、裏口があきにくくなった反面、あきにくかった楽屋の戸はあきやすくなりました・・・がく〜(落胆した顔)


お客さんは毎日40人〜60人ほど。中入りで上方落語協会機関紙「んなあほな」を売り歩いたら10日間で60冊も売れましたるんるん
ネタは「一眼国」「松山鏡」「子ほめ」「平林」「商売根問」など。

とある日は若いカップルを去年と同じ手口で勧誘したり、またとある日は洗濯物を公園に干したり、またとある日は怪談の恐怖に叫び声をあげる少女を見てほくそ笑んだり・・・初心にかえるどころかどんどんワルモノになっていったような気がします(笑)

来年もつぶれていなければ(?)また行きたい!

大阪から応援に来ていただいた皆さま、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

帰還報告、以上です手(パー)
posted by まるこ at 21:49| 兵庫 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさいまし。

 お疲れのところ恐縮ですが、お頼みしたいことがありまして。

 ↓ 前の日記に、へんな書き込みがあります。ちょっと、削除していただければ、嬉しいです。

 荒らしは困ったもんです。ジャニーズの嵐やったら許すけどね。
Posted by MORI at 2009年08月22日 22:37
あの日は午前中はとある大学で勉強で頭がかたまっていましたがまるこさんや団六さん、団四郎さんの落語を二回聞いたおかげで頭もぐにゃ!っとなりました。たしか団六さんの出身高校は僕の母校のとなりだったはず。
Posted by あぐり at 2009年08月22日 22:51
お疲れ様でした。

名古屋行きたかったんですが、京セラドーム、サンケイホール、墓参り・・で行きそこねました(>_<)


彦八まつりは絶対行きます!
その時に写メ撮らせてもらってもいいですか?
まるちゃんをケイタイの待ち受けにしたいんですが・・。
Posted by ケンイチ at 2009年08月23日 10:01
へんな書き込み消していただき、ありがとうございます。

ということで、ここのひとつ目の書き込みはもう不要ですので消してください。それと、この書き込み自身も消してください。
Posted by MORI at 2009年08月24日 01:58
お疲れさまです。愛知県の大須演芸場の興行、いろいろなことあったのですね。それにしても若いカップルを強引に勧誘するとは必死なんですね。そのカップルは寄席の雰囲気を楽しめたのでしょうか?       話はかわりますが、団姫さん、たくさんのネタをお持ちですが「松山鏡」ていう噺はどのような内容でしょうか?概略でもいいので教えていただけますでしょうか?
Posted by 谷村俊明 at 2009年08月24日 12:08
今日、名古屋の噺家兼漫画家・雷門獅篭さんの四コマ漫画『雷とマンダラ』の単行本を購入し、ざっと目を通したところです・・・。
大須演芸場、正に伝説を生み続ける小屋のようですね。
「大東両」という紙切りの師匠のエピソードに感動してしまいました。

ところで、この単行本では文福師匠・三若さん・まめださん・ぽんぽ娘さんが出演されていますが・・・。
最近の作品ではまるこさんも登場されているのでしょうか?
Posted by 明彦 at 2009年08月25日 00:57
すっかり遅くなってのコメントになりましたm(__)m
15日の夜席に主人といっしょにうかがいました。
旦那は初めての寄席鑑賞デビュー〜〜\(^o^)/
とっても楽しんでくれたようです。

来年もいっしょにうかがえたらいいな。
今度は昼席にうかがえたらと思います。
去年は私一人でしたが、昼席楽しかったです。

地震は私もびっくりでした。
楽屋の戸、開きやすくなったですか〜(^^)
大須演芸場は芸の守り神さまが棲みついていらっしゃるに違いない(^▽^)そう思っていたい所ですね〜。
Posted by ばった at 2009年08月25日 20:03
MORIさん
了解です(^^)

あぐりさん
ありがとうございました☆嬉しかったです!
団六師匠と共通点(?)ですね(^^)

ケンイチさん
写メOKですよ〜♪
お待ちしております!

谷村さん
いつもありがとうございます(^^)
元ネタは、仏教の教え、「自分を見つめる心」から作られたお話です。詳しくは・・・やはりライブで聞いていただきたいですね♪

明彦さん
うーん・・・登場する日が来るかどうか私にも謎です(☆☆)

ばったさん
旦那さんも一緒にありがとうございました(^^)
また来年もよろしくお願いいたします!
Posted by まるこ at 2009年08月27日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。