2009年06月12日

北野天満宮

昨日は、北野天満宮さんへ行ってきました。
初代・露の五郎兵衛の碑があり、毎年「もみじ寄席」でお世話になっています。おは土のロケでも2回取材させていただきましたいい気分(温泉)
今回の訪問は北野天満宮さんの宮司さんとの対談ひらめき
対談と言うても気軽な感じで主に大師匠の落語の話で盛り上がりました。後日、社報に載せていただく予定です本

そして、せっかく訪れたので神様に賢くなるように一生懸命お願いした後、初代露の五郎兵衛の碑をお参りしてきました・・・。
碑の傍らにある師匠の“ご挨拶文”は平成11年のもので、碑の建立後10年の年に大師匠も亡くならはったと思うとなんとも言えない気持ちでした目
そんなこともあってでしょうか、昨日は大師匠が出て来る夢を見ましたひらめき

大師匠から電話がかかってくる夢電話

「もしもし!?団姫です。」
「あ、わしわし。」
「し、師匠ですかっ!?もうやだ〜(悲しい顔)
「あんな、弟子に一人一つずつ言うとくことあってな。」
「はい!何でしょうか!?」
「まるこ、わしのことみなに死んだ死んだて言うてるやろ。」
「はい!」
「“亡くなった”って言いや。」
「はい〜あせあせ(飛び散る汗)すいません!すいません!すいませんあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
「ほなな。」

ガチャリ。

という夢でした・・・(本当です。)
日頃の悪事がどうも天国までばれているようです。

先日、桂三若兄さんのマクラで「東京の人は“火葬する”というのに大阪の人は“焼きに行く”と言う」というマクラがありましたが、それを聞いて「あ、私も師匠“焼きに行く”言うてたわあせあせ(飛び散る汗)あちゃー!」と思い反省した結果の夢であったのかもしれません。

・・・何はともあれ大師匠の残してくださった初代・露の五郎兵衛の碑。大事にしていきたいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by まるこ at 17:09| 兵庫 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぬしを私に紹介してくれたのは大師匠やら(大師匠の落語を見たくて始めて繁昌亭に行けば、本人は休演で、初めておぬしの落語に出会った)、今後もおぬしを見守り続けますぞ。
しかし、繁昌亭のロビーにある大師匠の写真は、いいねえ。五郎襲名の時の写真なんか、自分も参加していたので、グッとくるわ。
Posted by アッキー at 2009年06月12日 21:57
ありがとうございます!襲名の時は本当にすごかったですよね!
これからもよろしくお願いいたします(^-^)

Posted by まるこ at 2009年06月13日 21:17
お久しぶりです〜。

読んでいて思い出しました。昨年のもみじ寄席。立派な石碑にお参りさせてもらい、まるちゃんの計らいで大師匠にもお目にかかれて・・・。今思えば「一期一会」でしたけど、いつまでも記憶に残りますよ♪京都に出かけるときはお参りしたいと思います。大師匠の夢はリアルですね〜。
Posted by 得得 at 2009年06月14日 23:00
お久し振りです♪今年ももみじ寄席させていただく予定ですので是非お越し下さい(^-^)そちらへも行かせて下さいね!!
Posted by まるこ at 2009年06月16日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。