2009年04月03日

へそまがりの虫

3月30日(月)午前11時37分。大師匠が天に召されました。
露の五郎兵衛。本名・明田川一郎。3月5日に77歳になったばかりの私の愛してやまない師匠です。

大師匠のことは昔から朝ドラなどで知っていました。それから落語の本を読み、是非一度見てみたいと思い京都市民寄席へ行ったのが高校2年の時。
高校を卒業後、大師匠の四番弟子の師匠・団四郎に入門。内弟子を希望していた私に団四郎師匠は大師匠のところで修行兼用心棒(?)を提案し、大師匠のもとへ預けてくれはりました。

2005年8月大師匠のご自宅へ引越し、大師匠・おかみさん・私との3人での生活が始まりました。私が車を運転できるのを喜んで大師匠は車を買い、どこでも一緒に車で行きました。
ネタは大師匠が前座のころにやってはったネタや、「鉄拐」などの珍しいネタ。それから「西遊記」など私の性格にあわせたものを教えてくださいました。それから私が聖書を読んだことがあるのを知り、クリスチャンでもある師匠は、信仰のことをいろいろ語ってはりました。

ネタや弟子としての思い出もいろいろありますが、何より私は大師匠の人間性にたくさんのことを学びました。

まず大師匠は私が「何があっても助けを求めたら必ずなんとかしてくれる」という絶対的な信頼をおける唯一の存在でした。詳しくは書けませんが、本当に私がピンチの時、あの手この手で必ず助けてくれはるのです。
そんな人間、いますか?私は高校を卒業するまで信頼と裏切りを繰り返し、本当に信用できる人間はいないと思い、そんなものはとうの昔に諦めていたのです。
しかし、大師匠だけはそうではありませんでした。その精神の存在に驚きを隠せませんでした。

そんな人間味があるのに舞台ではチョット“ワル”な遊び心。プライベートは可愛らしい大師匠を愛さずにいられますか?
落語はもちろんうまくなりたいですが、何より大師匠のような立派な精神、心の持ち主になりたいです。

その大師匠の亡くなられた経緯をお話します。
2月はじめ。大師匠が階段から転びはって骨折しはりました。
最初は骨折と判らず、2月後半に体調が悪くなり入院。骨折と判りました。最後の舞台は入院前日の2月22日(日)あみだ池寄席にて「紀州」です。
入院されてからも普通にお元気でした。3月後半になってから少し食欲が落ちてきはりました。
「まるこ、みたらし団子」
と言うてはったので食欲が出てきた!と喜び買うていきましたが結局食欲がわかないと言い、食べはりませんでした。
3月25日。おかみさんとごはんを食べさせに行きました。
いつも誰か1人が食事係ですがおかみさんと私、2人で行っても食べたくないといわはりました。
おかみさんが「師匠!ごはん食べな舞台でられへんで!」と怒ってみはりました。
師匠は「そんなこと言わんとって」と言わはりました。
帰りしないつも強気なおかみさんが「私は師匠にキツイやろか・・・。」と落ち込んではりました。しかし、弟子には弟子の、おかみさんにはおかみさんしかできない励まし方があるので落ち込まないで下さいと励ましました。おかみさんも予感していたのでしょうか。
亡くなる前日の29日。朝病院から電話があり、一門の師匠がたがかけつけました。私はどうしても仕事でいけませんでした。
夜おかみさんに電話したら「大丈夫やで!落ち着いてるわ。明日また一緒にお見舞い行こ。」と言われました。
当日の30日朝6時半。病院から電話がありかけつけました。奇跡的に一門、ご家族、お孫さんが全員集合しました。
病院につくと目だけ動いてはって受け答えはできませんが、話しかけると目で頷かはるようでした。
最初は「頑張ってください!」「まだ生きてください!」とみんなで言うていましたが、10時ごろには「こんなに苦しそうならこのまま苦しみつづけはるより早く楽になって欲しい・・・」と思えてきて、それぞれが「師匠、もう安心してください」「苦しまなくていいですよ」「ありがとうございました」「大好きですよ」と言いました。
11時。点滴が少なくなりました。
おかみさんがお医者さんに「点滴、これが切れたら交換はいりません。鼻のチューブもはずしてください。」と言わはりました。
11時半。医療器具をはずしました。楽になりおだやかな顔になる反面、あらゆる数値が下がってきました。
大師匠の娘さんが枕元で聖書を読み出しました。すると、意識不明の
大師匠の両手が動き、お祈りのポーズをとろうとしたのです。
急いでみんなで手伝い、しっかりとポーズを作りました。
そして娘さんが聖書を読み終わると同時に、スッと魂が抜けた感じがしました。11時37分。亡くなりました。
大師匠はクリスチャンです。天国へ行くのです。私たちは悲しいですが、大師匠にとっては喜ばしきこと!記念に大師匠を囲んでみんなで写真をとりました。

それから黒紋付・袴を着せて大師匠と一緒にみんなで帰宅。
ほがらかなお顔つき、可愛らしい表情で眠ってはりました。

そして昨日、密葬の日。納棺の前に大師匠とたくさん記念撮影をしました。ピースをしたり大師匠のホッペにキスしたり、ホンマに怒られそうです(笑)
納棺。みんなで思い出の品を入れました。私は大師匠最後の言葉が「次来るとき純露(飴)買うてきてな」と言われたので純露を入れました。お花は大師匠の足元にも及ばない私なのでせめて足元に及べるようにと足元に入れました。
納棺がすみ、出囃子で出棺。火葬。骨壷に入りはりました。
昨日の夜、直弟子の師匠方が帰りはったので、ひとり大師匠の骨壷を抱くと、何を思い出すわけでもなくただただ「大好きやった・・・」と思いました。

亡くなられたときそのご遺体を「魂の入れ物」と感じましたが、数日たって今思うことを書きます。

本来大師匠の体は5年前に亡くなっても全くおかしくない体でした。生きてるのが不思議なくらいでした。

大師匠の川柳に「へそまがりの 虫を一匹 飼っている」というのがあります。

大師匠の本名の明田川一郎という方は、本当に穏やかな優しい方でした。おそらくこの本名の大師匠の体はもう何年も前に亡くなっていたと思います。
そしてへそまがりの虫はまぎれもなく芸人・露の五郎兵衛です。
もう死んでいておかしくない体で、へそまがりの虫が生きていたのです。
へそまがりの虫が天国へ行ったので、肉体も本来の形に戻りました。

大師匠の一番好きな聖書の言葉に、ヨハネ11章25節

「わたしはよみがえりです 命です わたしを信じる者は死んでも 生きるのです」

大師匠に分けていただいたへそまがりの虫を今度は教えを頂いた私たち自身の体の中で殺すことなく大切に育て、守っていくことが大師匠への礼儀をつくすことだと感じています。

私個人として正直に言うてしまえば人間ですから大師匠が亡くなって悲しいです。寂しいです。不安です。心の拠り所を失いました。

しかし、大師匠自身は天国へ召されたのです。いままで大変な苦労をされたぶん、天国でおいしいものをいっぱい食べて、綺麗なお姉ちゃんにいっぱいチョッカイかけて遊んでいただきたいです。

あとのことは任せてください。大師匠の愛したおかみさんを、大師匠の分もこれからもっと大事にします。

このブログをお読みの方、大師匠のファンのかたが沢山いはることと思いますが、とりあえず大師匠の召天記念にお話させていただきました。
これからも頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

露の団姫
posted by まるこ at 14:50| 兵庫 ☁| Comment(26) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
団姫ちゃんの大師匠への愛があふれたコメントを読ませていただきました。
ありがとうございました。
これからも頑張って下さいとしか言えませんが。。。
すみません。
Posted by ミスターH at 2009年04月03日 19:12
突然の訃報、本当にざんねんですね、
私等のように春坊時代からの師匠をよく知ってる者と
しては最近の体調の悪さが手にとるように分かりました。
団姫ちゃんも直弟子のように薫陶を受けたのです
からその悲しみは良くわかります、これからは師匠の
意志をついで千橘さんを筆頭に一門結束して五郎兵衛
落語を盛り立てて下さい。
Posted by オジン at 2009年04月03日 20:12
大師匠の御恩に報いるためにも、芸に精進してや。
応援してます。
おぬしの鉄拐や西遊記など、まだ聞いていないので、早く聞きたいね。
Posted by アッキー at 2009年04月03日 20:57
団姫ちゃん、あなたのコメント本当に感動しました。あなたは素晴らしい財産をしっかり頂いているのですね。私も五郎兵衛師匠のファンの一人として本当に訃報に驚いています。もっと師匠の高座を聴きたかったと残念でなりません。御家族の方々、一門の皆様の悲しみや寂しさは想像を絶するものがあると思いますが、これからの皆様のご活躍を心よりお祈りしております。おかみさんをしっかり支えてあげて下さいね。また、お会いいたしましょう♪
Posted by 風のうたをききながら at 2009年04月03日 23:17
まるこさんの文章のおかげで、素顔の大師匠に触れさせて頂くことが出来ました。
そして多感な青春時代に「絶対的な信頼をおける唯一の存在」に出会われたまるこさんは、本当に幸せだと思いました。

落語の場合師匠が旅立たれても、一門の皆さんが芸を引き継ぎ発展させていく点が素晴らしいと思います。
少し遅くなりましたが、これから「露の落語」を楽しませて頂きますね。
Posted by 明彦 at 2009年04月04日 00:04
日記よませていただきました。
涙がとまりません
大師匠の教え信仰を忘れないでください。
私の大好きなおかみさんもよろしくお願いします。
福音落語も師匠のかわりに盛り上げて下さい。
Posted by ララァ at 2009年04月04日 04:26
いつも観てます 応援してます。露の五郎時代から
ガラッパチと思っていましたが なかなかの師匠 まるこの追悼記から 人柄が伝わってきました。
ご冥福をお祈りします。
Posted by うっちー2 at 2009年04月04日 07:24
団姫ちゃんが引き継いでくれることが何よりも何よりもですね。
Posted by 団福 at 2009年04月04日 08:04
「へそまがりの虫」を大きく育ててください。
Posted by nob at 2009年04月04日 11:04
御冥福をお祈りします。
Posted by たけ at 2009年04月04日 14:45
まるちゃん、ありがとうございました。涙がいっぱいあふれてきて、暖かい気持ちになりました。
「へそまがりの 虫を一匹 飼っている」・・・色紙にサインと一緒に書いていただきました。本当に大切にします。まるちゃんが、大師匠の亡き後、大きな落語家さんになれますように・・・
Posted by にゃおみ at 2009年04月04日 21:10
大師匠のご冥福をお祈りします。また明るい笑顔が見れることをご期待しております。
Posted by 御手玉ブー太郎 at 2009年04月04日 23:41
人の想いはその人の雰囲気となり
人の想いはその人の行動となり
人の想いはその、人となり、をなす。
           フォレスト・シャクリー

大師匠の「想い」をまるちゃん受け継いでね。
Posted by やぶちゃん at 2009年04月05日 07:43
まるちゃんのお話し読んでるうちに泣けてきました
大師匠の意志を受け継ぎ大きな噺家になってくださいm(__)m
今日のABCラジオの日曜落語は大師匠です
Posted by さとちん at 2009年04月05日 08:08
露の五郎兵衛師匠のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
何年も前ですが、神戸市営地下鉄三ノ宮駅で偶然お見かけし、突然声をかけたにもかかわらず、本当に優しい笑顔で接していただけました。
小柄な着物姿とすてきな笑顔が今も目に焼き付いています。
お疲れ様でした。そしてごゆっくり。
Posted by 筆無精 at 2009年04月06日 09:41
立振舞いの美しい、粋な方でございました
昨夜、NHKの追悼番組で高座を拝見し、大笑いしました。五郎兵衛師の訃報、米朝師の入院の報と何やら寂しい気持ちであったのが晴れたように思われました

陰を陽に転じる。まことに良い生業に出会われた
そして良い師に出会われた。貴女がこれから大いなるへそまがりになられることをお祈りします
Posted by at 2009年04月06日 18:34
露の五郎兵衛師匠のご冥福をお祈りいたします。
良い師匠に出会えてよかったですね。
天国でも、見守ってくれてると思います。
Posted by ぽっぽ at 2009年04月07日 15:54
新聞で訃報を知ってから恐くてブログに来れず、今日やってきました。
団姫さんのエッセイを感動しながら読ませて頂きました。
『何より大師匠のような立派な精神、心の持ち主になりたいです』とありましたが、この気持を何時までも忘れずに精進して下さい。(そんな事分かっています言われそうですが)おかみさんに心づかいしてホローしてあげて下さい。
Posted by うどん太郎 at 2009年04月07日 18:14
まるちゃん、気を落とさないように。

大師匠のように、立派な落語家目指して、頑張れ!

明るいまるちゃんを、これからもどんどん見せつけて、楽しませて、そして大師匠を喜ばせてあげてください。
Posted by Mr.KAVA at 2009年04月09日 00:13
大師匠のご冥福をお祈りします。
この記事を読んで団姫さんを応援したいと思いました。
これからも頑張ってください。
Posted by ごくーら at 2009年04月11日 09:15
みなさん、本当にあたたかいコメントをありがとうございました(^^)やはり不安であったりどうしようもなく寂しい日が多々ありましたがみなさんの言葉に本当に本当に励まされました。ありがとうございます!!
Posted by まるこ at 2009年04月17日 19:53
日曜礼拝に行って知りました・・・
大師匠の御冥福を心よりお祈りします

まるちゃんの中では
しっかりと大師匠は生きていらっしゃるようですし
まるちゃんの笑顔がますます満面のまん丸になるように
天国でも見ててくださるし
時々は心に寄り添い励ましてくださると思います
これからも応援してくれますもの
がんばってくださいね


Posted by 徳島の風 at 2009年04月20日 18:20
ありがとうございます(^^)大師匠が天国でお菓子を食べてはる夢を見ました。私も頑張ります!
Posted by まるこ at 2009年04月23日 11:05
東京演芸協会でぽんぽ娘ちゃんと同期の
人形漫談の花島です。
同期と言っても年齢は2倍以上ですが・・・

召天記念式で一寸お会いできて嬉しかった・・・
ぽんぽ娘ちゃんと仲良くしてやってください。
何しろ彼女は同期では才能bPなのですから・・・

大師匠のお嬢さまと同じ宗派(教派)の教会員で
教会の牧師はお嬢さまとお友だちです。

五郎兵衛師匠の最期の様子、本当に丁寧に記録してくださってありがとうございます。
多くの方に証しのときに、引用させていただきます。
まるこちゃんの記録は
多くの方に神の栄光と福音の惠を与え続けることでしょう。
現に東京の元文化放送の寄席番組のディレクターだったO先生は、
最期の様子を報告したら電話口で涙声で
感動されておられました。

僭越ながら、いつか大師匠に演じていただけたらと
勝手に構想を練っている神方落語「羊飼いの息子(仮題)」
何年かかるかわかりませんが、完成したあかつきには
まるこちゃん、演じていただけますか?


Posted by JIRO at 2009年04月26日 23:45
JIROさん
おはようございます!先日は私もお会いできて嬉しかったです(^^)お越し頂きありがとうございました!最後の様子をいろんな方に語っていただけるのは、とてもありがたいです。これからも、よろしくおねがいいたします♪
Posted by まるこ at 2009年04月27日 11:55
Posted by 笑壷 at 2009年05月11日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。