2009年02月18日

こりゃ参った

先日2月15日、両親とともに大好きな身延山久遠寺(山梨県)へ行ってきましたわーい(嬉しい顔)揺れるハートわーい(嬉しい顔)
いつもどおり本殿から参拝。いろいろと見学して最終的には釈迦殿へ行きました。
釈迦殿は、6階建ての塔で、1〜5階はずーっとお位牌が納められていて、最上階の6階が普通のお寺の本殿ような作りになっていますひらめき
最上階へ行くまで、とにかくお位牌お位牌お位牌・・・。やっと6階へたどりついてみると、窓の外にはベランダ的なものが。
父「ここに外に出られそうな扉がある!」
母「鍵しまってると思うよ?」
父「そーか?(ガチャガチャ・・・)ア、あいた!出れる!」

というわけで一行ゾロゾロ父、母、団姫の順でベランダへ。
重たい扉がガチャーン!と閉まった。外に出て見るとお庭が上から見えて美しい。

ふと母。

「あの扉、こっちからあかなかったりしてね(笑)」

アハハーまさか〜わーい(嬉しい顔)

扉付近にいた私はノブに手をかけてみた。

わーい(嬉しい顔)・・・わーい(嬉しい顔)・・・わーい(嬉しい顔)・・がく〜(落胆した顔)・・・ふらふら・・・もうやだ〜(悲しい顔)・・・もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)・・・がく〜(落胆した顔)・・・どんっ(衝撃)

あかない。

どうやらオートロックのようだ。

ほぎゃー!!!

一同慌てふためき、助けを呼ぶことにした。
しかし、なかなか地上を通る人影が無い。
10分後。やっと人が通った。必死に呼ぶと返事をしてくれて係りの人を呼びにいってくれはりなんとか助かる・・・。

「すいません。助かりました(涙)でも、ここに閉じ込められた人、今まで他にもいましたか?」

何も注意書きがないのでごくまれにいるらしい。
何か不思議なのが部屋の中に閉じ込められるなら分かるが、外に閉じ込められるという状況。焦った。

それにしても地上を人が通りかかってくれて良かった。あの感動を忘れない。私たちが「おーい!」と呼んだら「はーい!」と返事をしてくれたあの人。「おーい!」と呼んで「はーい!」とは、さすがにお位牌(おいはい)見学していただけありましたひらめき
posted by まるこ at 11:37| 兵庫 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメントの池田の飲み会です。4月の「春団冶まつり」で何度かお会いしてました。今後ともよろしくお願いします。
恐怖の10分間だったんですね。私なら無駄に叫びまくっていることでしょうね。とりあえず脱出劇の巻、笑わせていただきました。
 さてこちらの本題、先ほど五郎兵衛師匠のおかみさんに電話しました。来週22日がフリーになりましたので、「あみだ池寄席」初参加させてもらいます。去年の6月の繁昌亭以来の久々の落語会になります。できましたら番組含めて詳細を教えてくだされば幸いです。
 また遊びに来ますのでよろしくお願いします。
Posted by 池田の飲み会 at 2009年02月18日 13:03
エライことでしたね。
無事に帰還できて良かったです。

ちなみに、外には「閉じ込められた」ではなく「締め出された」が適切かと思います。
Posted by ♪Sunny at 2009年02月18日 23:45
飲み会さん
こちらでははじめまして(^^)あみだ池ありがとうございます!詳細アップしますね♪

姉さん
ありがとうございます!!ひとつ勉強になりました(^^)
Posted by まるこ at 2009年02月19日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。