2008年09月07日

彦八終了☆

彦八祭り、今年も無事終了しました〜晴れ
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

それでは、報告でーすひらめき

晴れ1日目晴れ
朝6時起床。9時半に会場到着。私は主に古着物の準備。準備中から「これなんぼ?」とお客さんに来ていただいたのでちょっと幸せな気持ちに揺れるハートあっという間にお昼になって、おかみさんが手作り弁当を差し入れしてくれはりましたるんるん
お昼頃はすごいお客さんの数でお店もてんやわんやふらふらでもどんどん売れるので楽しかったです。しばらく川柳ブースで川柳初心者の方に川柳のやり方などを説明したりして、自分も投句し、気がつけば午後3時。OBC「だから土曜日」の打ち合わせへ。4時から中継開始。人だかりが出来たのでちょっとビックリ。番組開始直後に放送事故的な形で仲良しの桂ぽんぽ娘さんの過去を大暴露してしまい、あとから謝りにいったら「過去の栄光です!全然気にしてませんよ!」と許してくれましたもうやだ〜(悲しい顔)中継が全て終わったのが午後6時。すぐにお店へ戻り片付けをして、撤収完了手(チョキ)おかみさんにご飯を食べさせていただき、帰宅。先日購入したパパンダのぬいぐるみに癒されながら0時半に就寝。

晴れ2日目雨
朝7時起床。9時半搬入完了。朝イチでファンの方からチーズケーキをいただき、テンションが上がるグッド(上向き矢印)近くにいた女子で分けていただく。そして扇納祭に参加する余裕無く準備。千社札をお客さんにプレゼントしたりしながら、これまたあっという間にお昼。なんと嬉しいことに今日のおかみさん弁当は“うなぎ”ぴかぴか(新しい)元気をとりもどし午後に臨む。五郎兵衛ブースが順調なのでしばらく川柳ブースへ。午後3時、川柳の応募締め切り。と、思った途端に豪雨雨雷雨お客さんが屋根のある場所へ避難する。気がつけば五郎兵衛ブースから一番近いところに新治師匠のお客さんが避難してはる。しかも3歳くらいの子連れでなんとその子が避難するのが遅かったのかしてビショビショ。新治師匠がタオルや手ぬぐいをお母さんに投げて「その子を拭いてあげて!」と声を出す。しかし、どれだけ拭いてもビショビショのまま。このままでは風邪を引いてしまう。そこで私は自分が帰りに着る予定やった自分のTシャツを投げる。お母さんに「あげるから子供さんに着させて〜」と叫ぶ。なんとか子供も着替えたみたいで一安心。修行を共にしたTシャツに別れを告げるとともに、自分の男前レベルが3上がった気がしてガッツポーズ手(グー)20分程降り続いた雨がやむ。店を出て、内緒でカキ氷を買いに行こうとしたらバチが当たり売り切れ。しぶしぶ店に戻る。しばらくたったところで昨日過去を暴露してしまった桂ぽんぽ娘さん(2?才)が「まるこ姉さーん!ちょっと!」と呼びにくる。1分ほど用件を話し合いながら歩く。すると目の前に特設ステージ。そこでは恒例「お茶子クイーンコンテスト」が行われていた。「ひらめき」「ひらめき」まるこ・ぽんぽ娘、ひらめく。「出よう!」。もちろんこのお茶子クイーンコンテスト、書類審査を通過した厳選された美少女ばかりが最終審査として今日この舞台に立っている。そこへ(自称)美少女落語家2人が飛び入り参加しようとスタッフに頼む。舞台へ上がるなりお客さんがざわめく。「なんでお前たちが参加すんねん!」という“んなあほな”的な空気が流れる。本当は最後まで戦いたかったけど、お互い師匠にバレると怒られる可能性大なので早く店に戻らねばと無理やり候補者を押しのけて先に自己PRをさせてもらう。そこで、なぜ飛び入り参加したのか趣旨説明。「約○週間前、ぽ○ぽ娘さんを○った○○○がこの会場にいる!!そこで、ぽ○ぽ娘さんはその人に自分がこんなに魅力的だということを見てもらいたい、しかし、1人で出ると師匠に怒られるので、仲良しの露の団姫と参加した」と。そしてふっと見上げると舞台から“その人”の迷惑そうな顔がチラリと見える。ぽんぽ娘さんの敵討ちが完了した。そして急いでお互いの仕事に戻る。4時半。今度は大師匠が川柳の選をしてはるので様子を見に行く。滞りない。また店に戻り販売活動。そして日も暮れた6時半、川柳の発表が始まる。おかみさんが2句入選、ききょう姉さんも1句、そして私は「まつり」という題で「おまつりの 力を借りて 手を握る」が入選。吉次師匠から「おまつりの力が無くてもお前はやれるやろ!」と誤解を招くようなツッコミがどんっ(衝撃)そして川柳の発表が終了。店に帰り片付け。7時半撤収。そこで新治師匠が「Tシャツ悪いな、僕の予備のがあるからあげるし着て」と言われる。・・・団姫21才、いろいろ思い悩み浴衣のまま帰ることにたらーっ(汗)新治師匠、すいません。8時半、大師匠宅到着。お疲れ様の乾杯ビール

・・・と、いうような2日間でしたわーい(嬉しい顔)

今夜はぐっすり寝よう眠い(睡眠) 
そして、来年も頑張ろうわーい(嬉しい顔)
posted by まるこ at 22:26| 兵庫 ☔| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
丁度、ぽんぽ娘はんと おぬしの漫才(?)見たぜ。
飛び入りと言っていたが、あらかじめの演出と思っていた。
でも、あれで盛り上がっていたがな。
その人が会場にいるなんて、それも嘘と思っていたのに、マジかいな(笑い)
大師匠来たはったんかいな。わからなかった。
おかみさんは、見たぜ。
Posted by アッキー at 2008年09月07日 22:59
サイン、ありがとうございました。
Posted by 団福 at 2008年09月07日 23:18
アッキーさん
マジですか!!偶然でしたね(笑)あれは全て実話です・・・やっちゃった(^^)大師匠、川柳ブースにいてはりました!

団福さん
こちらこそ〜☆またよろしくお願いします(^^)
Posted by まるこ at 2008年09月07日 23:32
団姫さん、今日の夕方にサインを頂いた者です。(小浜から来た事を話していた者と言えばわかるでしょうか?)初の彦八まつりに来て面白いぽんぽ娘さんとの掛け合いを見て大笑いしちゃいました♪いや〜、あの暴露話はよかった!しかもその相手がいたとは!

これを見ていっぺんにファンになってしまいました♪今後団姫さんの落語をたくさん聞きたいと思っています。応援していますのでこれからもよろしくお願いいたします。(おは朝見ますね!!)
Posted by 得得 at 2008年09月07日 23:38
お疲れ様☆

え!?ぽんぽ娘ちゃんの身に何が……?

怖いなぁ。前から思ってたけど、何か、あの娘って凄まじい事になってそうだもんなぁ。あの欲求不満全快の文章の表現力とか。
Posted by たけ at 2008年09月08日 01:16
得得さん
どうもありがとうございました〜☆相手はなかなかの男前でしたよ(笑)来週土曜日おは朝お楽しみに〜(^^)

たけさん
いろいろあったみたいで(^^)悪い男を成敗しました(笑)
Posted by まるこ at 2008年09月08日 13:05
>まるちゃん

ぽんぽ娘ちゃんが無理矢理追い詰めて襲ったたわけじゃなくて、相手が悪党なのかぁ。



色男や遊び人にも色々あるからなぁ。お嬢さん達に、いい男の一例を。

・定年退職したら夫婦でのんびり過ごそうと思っていた奥さんにナイショで、引退後の野望にラーメン屋を始めようとして、既に半年前から手作りでコッソリと屋台を準備していたオッさん
・40過ぎてから突然社交ダンスを始めて、最初はカミさん以外の若い女性との接触にウキウキしていたが、いつしかイギリスの国際大会で華麗に舞う事を本気で目指し始めるオッさん


何考えてるかよく分かんないような、どうかしてるような人のほうが、ほんとは良いのよ。欲望の向きがものすご〜い遠くを指してる奴が、連れ添ったら一番面白いのよ。ただし、目茶苦茶しんどいけど。

芸の肥やしには、人生が暴走列車みたいな男がオススメ。
Posted by たけ at 2008年09月10日 01:41
勉強になりました・・・!!!
Posted by まるこ at 2008年09月10日 14:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。