2009年06月19日

私は現在新しい着物を呉服屋さんで作っていただいている最中です。
一度お店に行き生地を選び、それからは電話やFAXでのやりとり。

昨日はたまたま大師匠の奥さんと午前中一緒にいたので、そのことをお話させていただいたら紋の入れ方についてアドバイスをいただいたので急いで呉服屋さんにお電話して紋の入れ方の変更をお願いしましたひらめき

しかし電話ではなかなか伝わりにくく、結局大師匠の奥さんに電話をかわっていただき、説明&交渉していただくことに。
そして最後に私がもう一度電話をかわり、「すいませんがそういうことで変更お願いします!」

無事終了。

と思いきや3分後に携帯が鳴りました携帯電話

「もしもし?」
「あ、まるこさんですか?○○着物です。」
「あ、どーもどーも。」
「いや、さっきね、紋の変更の電話があったんですが本人の了解を得ようと思いましてね。」
「???」
「せやからね、さっき五郎兵衛師匠の奥さんと団姫さんのお母さんから電話があってお2人から紋の変更を言われたんですよ。」
「うちのオカン???」
「だから、団姫さんのお母さんと大師匠の奥さんがうちに電話してきはりましてね・・・。」

何かがおかしい・・・。

「アノー、さっき大師匠の奥さんと一緒にお電話させていただいたのは私ですが???」
「あ、これ団姫さんのお母さんの携帯ですか?」
「いやいや、私が団姫です!」
「ええ!?・・・すいません。声が団姫さんのお母さん(?)のような声やったんで。」

母は大好きですが、その年齢の声に間違われ非常にショックでしたがく〜(落胆した顔)

これから電話は桂ぽんぽ娘さんのような声でしゃべってみよか?と思う今日この頃であります目
posted by まるこ at 15:08| 兵庫 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。