2009年01月07日

自分の在り方

弟子にとって師匠は、最も芸を尊敬する師であると同時に、その人間性にも愛着を感じています。

今日は大師匠夫妻とちょっとドライブして富田へ行き、お昼ご飯で大師匠、大のお気に入りのお蕎麦やさんへ行きましたレストラン
鴨なんばやとろろ蕎麦など注文。おいしくいただいてから帰りしな、大師匠の視線がふとレジ横にあった“蕎麦おこし”へ。

見つめられる蕎麦おこし。
見つめる巨匠・五郎兵衛。

お店のご主人と私たちの間に一瞬の間が出来る。

大師匠の視線は蕎麦おこしからおかみさんへ・・・

しかしおかみさん、お財布から100円玉を捜索中。視線に気づかず。

大師匠の目はおかみさんを捕らえたまま、大師匠の指は蕎麦おこしの方向をしっかりと指さした。

汗をかく蕎麦おこし。

意思の強い大師匠の瞳。

それでも気づかないおかみさん。

ついに普段無口な大師匠の口が開こうとした。

(どんな言葉が飛び出してくるのか・・・!?)
息をのむ大将と私。

そして運命の瞬間。


「・・・コレ、欲しい。」


思わず大将と私は何とも言えない気持ちで微笑んでしまった。

この気持ちを何と言う言葉で表したらいいのか分からないけど、大師匠のこんな素朴な気持ちがよく周りの人間を微笑ませている。

私は入門当初から吉次師匠に「今は師匠もお年を召しはって丸くなりはったけど、僕らの時は本当に怖くてお前みたいなのはありえへんかった。」とよく言われていた。
吉次師匠の言わはることはごもっともだと思う一方、“今”の大師匠と一緒にいられるのは私だけの特権やと思う。

実際は孫弟子の在り方として賛否両論あるけれど、大師匠との関係はこれでしかないしこれでいいと思っている。

弟子として出来ていないことが山積みの中、大師匠の病院の送り迎えをし、いいネタをつけていただいて、時には茶飲み友達になり、なんとなくの愚痴も聞く。たまにおかみさんに内緒で一緒におやつを食べて、相談にのっていただく。

これが私の役割でいいと最近思った。
大師匠がお元気な間、最大限ご機嫌うるわしくしていただくための要員。

来週は日帰りで温泉へお連れしようと計画中ですわーい(嬉しい顔)
posted by まるこ at 20:19| 兵庫 ☁| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。