2008年11月21日

同期

最近、同期の仲間と「年季明け」をともに喜んでいますぴかぴか(新しい)
平成17年度に最初に入門した私、そのあとにもたくさんの入門者がありましたが・・・(ちょうどタイガー&ドラゴンが放送された年なので入門希望者が多かった。)・・・みんなやめていったり失踪したり破門されたり・・・いろいろあって、結局残ったのは数人ふらふら

3月に私の年季があけ、6月には笑福亭喬介君の年季があけ、その後もパラリパラリと年季あけ。顔を合わせば「なんとか頑張って良かったね、これからも頑張ろうね」と励ましあい手(グー)

ひらめきモバQ犬クリスマスいい気分(温泉)

先日、梅田にある歯医者さんへ行ってみると「まるこさん、今ちょうど小川君も来てますよ」と言われました。

「小川君?そんな知り合いいませんけど?」

すると診察室の中から「まるこ姉さん、ヒドイですよ〜。」
と、どこかで聞き覚えのある声が飛んできた。

顔を見てみると・・・

「誰?」

「ひ、ひどい!三段です。」

「あ〜!!・・・さん・・・だん・・・君・・・ね!だね!」

なんとも薄情な女です手(パー)

桂三段。本名・小川洋二。上方落語界初の北海道からの入門者。平成17年秋に桂三枝会長のもとへ弟子入り。ぼうず頭と日々メタボになっていく眼鏡君。もともと歯医者さんで働いていたそうな。ちなみに私は彼の秘密を少しだけ握っているのでたまに脅して・・・いやいやそんなことはしてません(笑)

偶然にも歯医者が一緒な私たち。実はもう一人噺家でもんのすごい師匠も同じところへ通うてはる。ちなみにこれも偶然ひらめき

某有名師匠はもちろん歯科でも芸名で呼ばれてはって、私も「おは朝」や「あほすき」を見ていただいているので「まるこさん」と呼んでいただいている目

しかし、三段君だけはいつも歯科の方に「小川君・・・あの〜、落語やってはるとかいう・・・三枝師匠のお弟子さんで・・・芸名?・・・いつも忘れちゃうんですよね」と言われ、芸名を覚えてもらっていないバッド(下向き矢印)

そんな三段君と隣に座り、治療を受ける。三段君が先に終わったので「ちょっと待ってて!ケーキ食べに行こう!」と誘う私。
「まるこ姉さん、ここで待ちあわせしてたのばれますって!」
「ええやん、ほんまは朝から一緒やねんし。」
「あかん、僕らのこと、ば・れ・る!」

と、お決まりのパターンで先生と助手の方2名、計3名の笑いを取ろうと必死になる落語家ふたり。なんとも情けないことです猫

でもウケたので良かった。三段君もウケたので喜んでいた。しかしそれで喜んでいる私たちは本当にこれでいいのか・・・?

結局私の治療が終わってからお茶しに行きました喫茶店

その後そうとう話こみ・・・彼がとても面白い、というか変わった人だと知り、将来の夢について語らい、解散しました。

これが同期の三段君雪

それから最近仲良しの喬介君は三喬師匠のお弟子さん。家が近いこともあって、先日私の家に遊びに来てみた彼は、私のぬいぐるみたちに一目惚れしたようで、「これカワイイ!あれカワイイ!」と女子高生のように大はしゃぎしていました。私もはじめてぬいぐるみの趣味のあう友達が出来たので、この年になって一緒にぬいぐるみ遊びをしています(笑)

ハッキリ言って、平成17年入門者は変な人ばっかりです。
こんな私たちがもし同期会をしたら・・・と考えると、恐ろしくてたまりませんが一度やってみたいと思いますわーい(嬉しい顔)
posted by まるこ at 14:02| 兵庫 ☀| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。