2008年11月12日

「孫」らしき「顔」

昨日のことだった。

定期健診を受けはる大師匠を某病院までマルコ号で送迎。

行きしなは病院の入り口で降りていただきスッと帰る。

お迎えのときはチョット早めに行って車をすぐに出せるところに停めておく。

車内で読書をしたりネタを繰りながら病院の出口をチラチラ見る。

病院の警備員さんに邪魔そうな顔をされたら

「チョット、アレデ」

みたいな顔をする。

何が「チョット、アレデ」なのかは分からないが大概の警備員はそれでスルーできる。

世の中いい人ばっかりやなと思う。

これがいつものパターン。

しかし昨日は違った。

出口をチラ見していた私と約10分間の間に38回目が合ったおじいちゃんがいた。

「勘違いかな?」

しかしおじいちゃんは私を見続けていた。

警備員さんが何やらおじいちゃんに話しかけた。

ふたりでこっちを見ている。

イヤな予感。



来る。

こっちに来る。

おじいちゃんが警備員に連れられてこっちに来る。

そして笑顔でマルコ号のドアをあけはった。

「は、はじめまして。」

苦笑いの私におじいちゃんは何の言葉もなくドアを閉めた。

よく孫と間違えられる。

本当によく間違えられる。


しかも昨日は最悪なことに、私のすぐ後ろの車がおじいちゃんの本当のお孫さんのお迎えの車やったようで

お孫さんが

「せっかく迎えに来てあげたのになんで間違えるの!!」

と大激怒。

おじいちゃん、シブイ顔をしてはった。

こんな経験は何度かしたが、

全て私が悪いような気がする。

そうや!私が孫みたいな顔してるから悪いんやろ!これで文句ないやろ〜!!!


って、誰かに言いたかったんですわ目
posted by まるこ at 08:14| 兵庫 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。